GlobalSign コロナウィルスに感染か!!OCSPサーバ陥落によるパンデミックな状況を覗く

情報メディア

2020年3月11日(水)11時頃、グローバルサインが発行する証明書の失効リスト提供用のサーバ(OCSP)に障害が発生しました。

システム障害のご連絡(2020年3月11日発生)
平素より、弊社サービスをご利用くださいまして、誠にありがとうございます。 現在、下記のシステム障害が発生してお…

平素より、弊社サービスをご利用くださいまして、誠にありがとうございます。

現在、下記のシステム障害が発生しております。原因の調査、復旧に向けての対応作業中ですので、 復旧しましたら当サイトにて報告させていただきます。

ご迷惑をおかけしておりますことを深くお詫び申し上げます。

■発生時刻
2020年3月11日(水)11:22 ~

■復旧予定
未定
※現在復旧作業にあたっております。

■影響範囲
・証明書の申請および発行
・証明書の失効手続き
・OCSP/CRLによる証明書失効情報の確認の遅延

※省略

https://alert-globalsign.com/?p=595

障害の状況を直接見てみる。

OCSP(証明書失効リスト)は、証明書のプロパティーにこの所在を確認できます。

ブラウザからこのURLにアクセスすると通常であればファイルがダウンロードされる筈か・・・

503エラーの致命的な状況である事が確認できます。

この障害による影響反映について調べてみました。

GlobalSignをルートに持つCA(中間認証局)もこの影響を100%受けます。

以下、該当の中間認証局になります。

KINGSSL

超格安SSL/TLSサーバ証明書 KingSSL 900円(税別) ワイルドカード9,000円(税別)
KingSSLサーバ証明書は、完全自動化と徹底したコスト削減により、超低価格でSSL/TLSサーバ証明書の提供を実現!衝撃の世界最安値級で、SSLが年900円(税別)から。ワイルドカード9,000円(税別)から。更に、無償再発行保証付。

アルファSSL

SSLサーバ証明書 | 信頼の国産CAなら格安のアルファSSL(公式サイト)
SSL/TLSなら信頼の国産CA・アルファSSL!書類不要、最短2分で発行可能。SSL/TLSが格安の年額6000円(税別)から。追加ライセンス不要、大幅な経費削減可能!認証方式も、メール認証とページ認証とDNS認証から選択可。常時SSLにも安心。

証明書の選定には注意が必要です。



スポンサーリンク
情報メディア
takehoをフォローする
スポンサーリンク
たけほのへなちょこ台帳

コメント

タイトルとURLをコピーしました