Chromeブラウザでhttpからhttpsへ強制リダイレクトされる場合の対処法

Googleの検索アルゴリズムがHTTPS通信で常時SSL化されているサイトが検索順位で優先される事からSSLサーバ証明書を導入しているサイトが多くなりサイトのURLも今までhttp://~からhttps://~から始まるURLを多く目にしている事かと思います。

今回訳あってhttps://からhttp://にサイトのURLを戻す機会があったのですが、Chromeブラウザからhttp://~へアクセスするとhttps://~へ強制リダイレクトされてしまいエラーが表示されサイトにアクセスできない事態に遭遇したので、この対処法をご案内します。

原因

httpsのプロトコルでアクセスするにはSSLサーバ証明書が必要になります。

SSLサーバ証明書は第三の認証機関が発行するドメインに対する署名の入ったデジタル証明書になり暗号化通信を行う為に必要なものです。

SSLの技術は日々進化しており、その中の機能の一つであるHSTS (HTTP Strict Transport Security)の定義によりhttpでアクセスしてもhttpsへ強制リダイレクトされてる事が原因となります。

HSTSは、より厳格なセキュリティレベルにて通信する定義であり、この定期はウェブサイトを運用しているサーバ上の設定により有効となります。

Google Chromeブラウザはこの設定の検知し、ブラウザに同じドメインでhttpのプロトコルでアクセスした場合、httpsのプロトコルへ強制リダイレクトするように自動的に設定されます。

対処法

httpsへの強制リダイレクトを解除する場合はGoogle Chromeブラウザ側に保存されているHSTSの情報を削除する必要があります。

HSTSの情報を削除するには以下のURLへアクセスします。

chrome://net-internals/#hsts

Delete domain security policiesの項目にあるフォームにサイトのドメイン名を入力して「Delete」を押下して完了となります。

強制リダイレクトが解除されない場合は、ブラウザの再起動を行ってください。