DKIMとは

セキュリティー

DKIM(DomainKeys Identified Mail)は、電子メールの送信者のドメインを認証し、メールの改ざんを防ぐための技術です。DKIMは、メールが送信された後に改ざんされていないことを確認するための手段を提供します。DKIMは、電子メールの送信者と受信者が利用するサーバー間で公開鍵暗号方式を使用して動作します。

以下に、DKIMの仕組みと設定方法について詳しく説明します。

DKIMの仕組み

  1. 鍵の生成
    メール送信者のドメイン管理者は、公開鍵と秘密鍵のペアを生成します。
    公開鍵はDNS(Domain Name System)に公開し、秘密鍵は安全に保管します。
  2. 署名の追加
    メール送信時に、送信サーバーはメールのヘッダーと本文の一部または全部に対して秘密鍵を使って電子署名を生成します。
    この署名は、メールのヘッダーに「DKIM-Signature」フィールドとして追加されます。
  3. メールの送信
    署名が追加されたメールは、受信者のメールサーバーに送信されます。
  4. 署名の検証
    受信者のメールサーバーは、送信者のドメインのDNSから公開鍵を取得します。
    この公開鍵を使って、メールの「DKIM-Signature」フィールドに含まれる署名を検証します。
    署名が有効であれば、メールが改ざんされていないことが確認され、信頼性が向上します。

DKIMの設定方法

DKIMを設定するには、以下のステップを実行します。

  1. 鍵の生成
    公開鍵と秘密鍵のペアを生成します。これは一般的には、メールサーバーの設定ツールやコマンドラインツールを使用して行います。
    例えば、opensslを使用して鍵を生成することができます。
  2. DNSレコードの作成
    公開鍵をDNSにTXTレコードとして公開します。このレコードには、DKIMセレクタ(選択子)と呼ばれる識別子も含まれます。
    例えば、example.comドメインに対して、以下のようなDNSレコードを追加します。
    default._domainkey.example.com IN TXT “v=DKIM1; k=rsa; p=…公開鍵の内容…”
  3. メールサーバーの設定
    メールサーバーソフトウェアに、メール送信時にDKIM署名を追加するように設定します。
    使用しているメールサーバーソフトウェアに応じて設定方法は異なりますが、例えば、PostfixやSendmailでは専用の設定ファイルに署名情報を追加します。
  4. 署名の有効化と検証
    設定が完了したら、実際にメールを送信して署名が正しく追加されていることを確認します。
    受信者側でもDKIM署名の検証が行われ、メールが改ざんされていないことが確認できるかをテストします。

DKIMの利点

  • スプーフィング防止
    DKIMにより、送信者のドメインが正当であることが確認され、なりすましメールのリスクが減少します。
  • メールの整合性保証
    メールが送信後に改ざんされていないことが確認でき、信頼性が向上します。
  • 受信率の向上
    メールが正当であることが証明されるため、スパムフィルタリングの基準を満たしやすくなります。

DKIMは、SPF(Sender Policy Framework)やDMARC(Domain-based Message Authentication, Reporting & Conformance)と組み合わせて使用されることが多く、総合的なメールセキュリティ対策として非常に有効です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました