クーロンとシェルスクリプトの組み合わせによるものです。 当然、利用に伴う常駐プロセスが増える事はありません。
#!/bin/bash

# limit is Specify the maximum number of process.
limit=400

pids=$(ps aux | grep httpd | awk '{print $2}' | sort)
process_count=$(ps aux | grep httpd | awk '{print $1}')
timestamp=$(date)

if [ $process_count -gt $limit ];
then
        for pid in ${pids[@]}
        do
                $(kill -9 ${pid})
                exit 1
        done
fi

動画エンコーダーライブラリ・・・
まさか、PHPで提供されているなんて・・・・
迷惑な位便利になってしまったものです。
不満は、いつもの通り・・・
日本語ドキュメントが無い!!
無謀ともいえる、理解してないメソッドの実行も連続が、もれなく待っております。
公式サイト
http://ffmpeg.org/

AWS(Amazon Web Service)をご利用の際は以下の通りで一発で行けました。
余計なものもあるかもしれませんが、以下に記します。
あらかじめDNSのMXレコードの設定は行っておいて下さい。
AMI ID   RightImage_CentOS_5.4_x64_v5.6.28_EBS
■httpdのインストール及び起動
yum install httpd
service httpd start

■パッケージ保管ディレクトリへ移動
cd /usr/local/src

■必要なインストールパッケージを入手する
wget http://www.jw7.org/data/qmail-1.03-patched.tar.gz
wget http://www.jw7.org/data/ucspi-tcp-0.88-patched.tar.gz
wget http://sourceforge.net/projects/vpopmail/files/latest/download?source=files
wget http://www.inter7.com/devel/autorespond-2.0.5.tar.gz
wget http://www.ezmlm.org/archive/ezmlm-0.53.tar.gz
wget http://www.ezmlm.org/archive/5.0.2/ezmlm-idx-5.0.2.tar.gz
wget http://sourceforge.net/projects/qmailadmin/files/latest/download?source=files

■パッケージの解凍
tar zxvf qmail-1.03-patched.tar.gz
tar zxvf ucspi-tcp-0.88-patched.tar.gz
tar zxvf vpopmail-5.4.33.tar.gz
tar zxvf autorespond-2.0.5.tar.gz
tar zxvf ezmlm-0.53.tar.gz
tar zxvf ezmlm-idx-5.0.2.tar.gz
tar zxvf qmailadmin-1.2.16.tar.gz

■スーパーユーザーで必要なグループ・ユーザーを作成
su -
groupadd nofiles
groupadd qmail
useradd -g nofiles -d /var/qmail -s /bin/false qmaild
useradd -g nofiles -d /var/qmail -s /bin/false qmaill
useradd -g nofiles -d /var/qmail -s /bin/false qmailp
useradd -g nofiles -d /var/qmail/alias -s /bin/false alias
useradd -g qmail -d /var/qmail -s /bin/false qmailq
useradd -g qmail -d /var/qmail -s /bin/false qmailr
useradd -g qmail -d /var/qmail -s /bin/false qmails

■qmailのコンパイル及びインストール
cd /usr/local/src/qmail-1.03
make
make setup check

■qmailの初期ドメインの設定
./config-fast example.jp
※ここでパスワードを聞かれたら後に使用するqmailadminのpostmasterのパスワードをここで設定する

■sendmailの除去 
mv /usr/lib/sendmail /usr/lib/sendmail.bak
mv /usr/sbin/sendmail /usr/sbin/sendmail.bak
chmod 000 /usr/lib/sendmail.bak 
chmod 000 /usr/sbin/sendmail.bak 
ln -s /var/qmail/bin/sendmail /usr/lib/
ln -s /var/qmail/bin/sendmail /usr/sbin/

■qmailの受信ディレクトリ名がファイルなので、MailboxからMaildir内に変更する
mv /var/qmail/boot/home /var/qmail/rc
vi /var/qmail/rc
    qmail-start ./Mailbox splogger qmail
    ↓
    qmail-start ./Maildir/ splogger qmail

■qmail起動スクリプトの作成
vi /etc/init.d/qmail
    !/bin/sh
    #
    # chkconfig: 2345 90 10
    # description: qmail smtp service
    #

    PATH=/var/qmail/bin:/usr/local/bin:/bin:/usr/bin:/home/vpopmail/bin

    [ -f /var/qmail/rc ] || exit 0

    case "$1" in
      start)
            echo 'Starting qmail: '
            csh -cf '/var/qmail/rc &' >/dev/null 2>&1

            tcpserver -HR -l0 -v -x /etc/tcp.smtp.cdb \
                -u `id -u vpopmail` -g `id -g vpopmail` 0 smtp \
                qmail-smtpd `hostname` vchkpw /bin/true 2>&1 | splogger smtpd 3 &

            echo
            touch /var/lock/qmail

            ;;
      stop)
            echo "Stoping qmail: "
            PID=`/bin/ps -aefw | grep qmail | awk '{print $2}'`
            if [ ! -z "$PID" ] ;  then
                /bin/kill ${PID} 1> /dev/null 2>&1
            fi
            echo
            rm -f /var/lock/qmail
            ;;
      *)
            echo "Usage: S99qmail {start|stop}"
            exit 1
    esac

    exit 0

chmod 755 /etc/init.d/qmail
chkconfig --add qmail
chkconfig qmail on

■tcpserverのコンパイル及びインストール
cd /usr/local/src/ucspi-tcp-0.88
make setup check

■cdbを作成する
cd /etc
echo '127.:allow,RELAYCLIENT=""' > tcp.smtp
  tcprules tcp.smtp.cdb tcp.smtp.tmp < tcp.smtp 

■vpopmail用ユーザーアカウントの作成
※「91」は、グループの一覧上ユニークな値である事が条件です。
su -
groupadd -g 91 vchkpw
useradd -g vchkpw -u 91 vpopmail

■vpopmailのコンパイル及びインストール
cd /usr/local/src/vpopmail-5.4.33
./configure \
--enable-qmaildir=/var/qmail \
--enable-vpopuser=vpopmail \
--enable-vpopgroup=vchkpw \
--enable-roaming-users \
--disable-rebuild-tcpserver-file \
--disable-clear-passwd
make
make install-strip

■ドメインの追加
/home/vpopmail/bin/vadddomain example.jp

■dovecotのインストール
yum install dovecot

■autorespondのコンパイル及びインストール
cd /usr/local/src/autorespond-2.0.5
make
make install

■nkfのインストール
cd /usr/local/src
yum install nkf

■ezmlmのパッチあて後、コンパイル及びインストール
cd /usr/local/src
mv -f ezmlm-idx-5.0.2/* ezmlm-0.53/
cd ezmlm-0.53
patch < idx.patch
make
make man
make setup

■qmailadminのコンパイル及びインストール
cd /usr/local/src/qmailadmin-1.2.16
./configure --enable-vpopmaildir=/home/vpopmail \
--enable-htmldir=/var/www/html \
--enable-imagedir=/var/www/html/qmailadmin/images \
--enable-imageurl=/qmailadmin/images \
--enable-cgibindir=/var/www/cgi-bin \
--enable-cgipath=/cgi-bin/qmailadmin \
--enable-qmaildir=/var/qmail \
--enable-ezmlmdir=/usr/local/bin/ezmlm \
--enable-autoresponder-path=/usr/bin \
--enable-vpopuser=vpopmail \
--enable-vpopgroup=vchkpw \
--disable-ezmlm-mysql \
--enable-help
make
make install-strip

■postfixの停止及びqmailの起動
chkconfig --list
service  postfix stop
service qmail start
クーロンとシェルスクリプトの組み合わせによるものです。 当然、利用に伴う常駐プロセスが増える事はありません。
#!/bin/bash

# limit is Specify the maximum number of process.
limit=400

pids=$(ps aux | grep httpd | awk '{print $2}' | sort)
process_count=$(ps aux | grep httpd | awk '{print $1}')
timestamp=$(date)

if [ $process_count -gt $limit ];
then
        for pid in ${pids[@]}
        do
                $(kill -9 ${pid})
                exit 1
        done
fi
美人ではなく、美女・・・

こんなサービスなら、仕事が楽しくなりそうですね


これで四回目・・・


一回目は、本当にやりたい事があったから・・・


二回目は、自分のフィールドを広げるために・・・

三回目は、言われて・・・


そして現在は、人生の基盤を壊したくないから分岐点にいます。

そしてこれまでの三回の分岐点で得た経験から、新しい分岐点を自ら創り出した

というのでしょうか・・・

 1.刺激は常に欲しいけど、安心できる環境があるから気にする事なく頑張れる

2.頑張らないといけない環境だから必死になって頑張る

この2択の意味は全く異なります。

前者はゆとり(余裕)を持って頑張る事ができるのに対し、後者はその原因を頭のどこかへ

常に意識させる為、精神的にも悪く焦りを生み出してしまいます。

現在の焦りをゆとりに変える為には、焦りの原因を追究し、解決させれば精神的にも

落ち着きゆとりが生まれてきますが、一時的な解決では逆効果となり、殆どの場合は

一時的の後は、今まで以上の焦りを増幅させてしまいかねません。


また、原因を追究していくと人が絡んでいる場合

「Aさんが駄目だから・・・」

「Bさんに聞いてみて・・・」

の様なシチュエーションがあると思います。


その場合、「駄目だから・・・」を原因にしてはいけません。


何故、駄目なのか・・・その理由について、確認する必要があります。

ゆとりを創り出す為に、「駄目だから・・・」を原因にすると、貴方は他人の都合でゆとりを持つ事が

できない人になります。

ゆとりを持つ事は決して悪い事ではありません。

忙しい人程、ゆとりを持っています。